2006年08月05日

3週連続観望会

今日は、明石市立天文科学館で天体観望会がありました。
7月22日、29日、そして今日と3連チャンです。笑
まず、科学館の玄関に等身大シゴセンジャー&ブラック星博士のペーパークラフトが、お客さんをお出迎えexclamation
写真を撮るの忘れました…笑。
実は今日、星の友の会の会員証を忘れてしまってそれを探すのに必死でした。
まあ、予約はしてあったのですんなり入れましたけど。
そして、いつものように2階のプラネタリウムドームへ。
今日は夏休み中と言う事もあり、家族連れが多く150人くらいいました。どんっ(衝撃)
しかも、観望会の参加は初めてというお客さんが多かったです。
(中には伊丹から来られたお客さんもいたそうです)
鈴木さんの星空解説の後、井上さんに空の状況を確認したところ…。
「○」のサインがexclamation×2
今日、プラネタリウムドームに入る前は少し薄雲だったので心配していたのですが、4階の日時計広場に出ると空は一部薄雲がかかっていたものの、晴れていました晴れ
もう、望遠鏡はセットされていたので、後は望遠鏡を天体に向けるだけです。
あ、そうそう、言い忘れてましたが、今日は大学院生の方3人が来られてました。
詳しいことは聞いてないんですが、この1週間くらい実習で科学館に来られていたみたいです。
そのうち、Gさんと言う男性と話していたのですが、その方は「なゆた望遠鏡」で有名な西はりま天文台でバイトされているそうです。
うらやましいアルバイト…笑。
あ、話が横にそれましたが、その3人の方が井上さんと一緒に望遠鏡をセットして下さっていました。
今回、日時計広場で見た天体は次の通り。
・月(今回の観望対象です)
・木星(太陽系最大の惑星)
・ベガ(こと座の一等星。私が担当)
・アルビレオ(はくちょう座の二重星。私が担当)
私は、最初ベガを入れてお客さんに見せていました。
お客さんの感想。
「ちっちゃ!」←一番多い感想でした。
「あかるい!」
「きれい!」
などでした。
いや〜、「夏の女王」と呼ばれるだけあってすごくきれかったですひらめき
しばらくすると、大学院生3人の方のうち、一人の女性が、
「アルビレオが見たい!」と言ったので、ベガをやめてアルビレオに変更。
ベガは0等星ですが、アルビレオは3等くらいなので「入れれるかな…、無理ちゃうかなあ…」と思っていたら…。
なんと1、2分で導入できちゃいました。わーい(嬉しい顔)
まず、ベガとわし座のアルタイルの間付近に望遠鏡を向け、ファインダーをのぞくと、茶色っぽい星が…。
「これじゃないと思うけど…」と思いつつ、とりあえずファインダーの真ん中に合わせ、接眼レンズをのぞいて見ると…目
オレンジとブルーの星がexclamation×2
すごくまぐれでアルビレオが入っちゃったんですexclamation×2
一番びっくりしたのは自分自身でした。笑
とまあ、こんな具合で観望会は終了!
いや〜、今回も晴れてよかったわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
posted by はるた at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お手伝いお疲れ様です。
今日は花火大会なのでお手伝いサボっちゃいました。。
そうそう、4階で天体観測をする所は、「天文ホール」ではなく、「日時計広場」ですよ。
「天文ホール」は、2階の螺旋階段出てすぐ横のと扉の中。会報編集会議などを行った場所です。
ちなみに、2階の本やパソコンが置いてある場所は、「天文サロン」。
Posted by KAZ at 2006年08月06日 00:49
>KAZさん
すみませんでした、修正しました。
Posted by はるた at 2006年08月06日 01:05
晴れて何よりでした。
私は3週連続の飲み会です(^_^;

しばらく科学館にいってなかったので、
朝一番の投影だけ見に行きましたよ。
Posted by ふくだ at 2006年08月06日 01:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。